ホルモンバランスが原因

ホルモンバランスが原因

AGA(男性脱毛症)の原因は、何らかの影響により男性ホルモンが多量分泌することによって起こるとされています。女性の場合、体内にある男性ホルモン自体の量が少ないため、AGAといった薄毛にはなりにくいのです。しかし、女性の薄毛もホルモンが影響することがあります。その場合の原因となるのが「女性ホルモン」です。

 

女性の体内にある女性ホルモン量は20代をピークとして、30代くらいから少しずつ減少し、40代半ばくらいから一気に減少します。女性ホルモンの減少が原因となり起こるのが更年期障害ですね。イライラや頭痛、動悸、肩こりなど心身共に様々な症状を引き起こします。

 

更年期障害と同じように、女性ホルモンの影響を受けて起こるのが薄毛です。女性ホルモン量が減少すると、血行が悪くなります。血行が悪くなるということは、毛母細胞に栄養が届きにくい状態を作り上げてしまいます。毛母細胞にしっかりと栄養が届かなければ、髪の毛は丈夫に成長することができません。その結果、コシがない、細くヒョロヒョロした髪の毛になってしまうのです。ヒョロヒョロの髪の毛であれば、どんなに量があったとしても全体的にボリュームがなくなってしまいますね。まさに薄毛です。更年期障害の症状がある人は、ホルモンバランスの乱れが薄毛の原因となっているということが考えられます。