ストレスが原因

ストレスが原因

薄毛というと年配の人に多く見られる症状ですね。確かに50代過ぎくらいから薄毛になることが多いです。早くても40代半ばくらいでしょう。しかし最近では、まだまだ若い30代の女性でも薄毛の症状が見られるようになってきました。その原因が「ストレス」です。

 

30代くらいの女性であれば、バリバリ仕事をこなす人もいれば、小さい子供の育児に励む人もおり、それぞれの生活パターンは皆違います。まだまだ体力的にもパワー全開の時ですから、毎日をパワフルに過ごしていることでしょう。自分ではパワフルで充実した生活を送っている感覚ではありますが、この世代の人達は自分では自覚はないものの、ストレスを受けていることが多いです。キャリアウーマンとして仕事をこなしている人であれば、男性と一緒に働くことで、いつのまにか大きなプレッシャーを感じていることでしょう。毎日育児をしている女性は、子育てを楽しく感じる中にも、育児や人間関係、家事などによってストレスが少しずつ溜まっていることが多いです。

 

そういった自覚のないストレスは心身に悪影響を与えてしまいます。そして症状の一つとして現れるのが薄毛です。30代くらいの女性ならば、薄毛の原因はストレスというケースがとても多いです。ストレスを溜めこむ生活をしていませんか?一度ゆっくりと自分の生活を振り返ってみましょう。生活のどこかにストレスを生み出している原因があるかもしれません。